肝臓・腸・血液・神経のデトックスとひまし油パック



このところどうやら
肝臓がお疲れ状態だったようなので
とっても久しぶりに
ひまし油パックをしました。

久しぶりって書いてから
私自身、ひまし油パック
いつ始めたんだろうと
検索してみたら
初めてトライしたのは2008年。
なんと10年前。


さて、ひまし油とは?

トウゴマの油で
キャスターオイルとも言います。

これを温かくして
右の腹部
肝臓から上行結腸あたりに
温湿布のようにする、
というのがひまし油パック。

温めるのが肝。

今の時期には
あったかくって気持ちいい。

ほんとは1時間ほどでいいんだけど
ずっとしててもよさそうなので
私はそのまま寝ちゃう(^^;;

初めて2日目、
早くも効果が目に見える。

そもそも2日目は
つけてしばらくしたら
肝臓あたりの皮膚がボコボコと
反応してるのがすぐわかる。

おまけに、尿の色が
めちゃくちゃ茶色い!
食べ物ではこうはならない程色の濃さ。

これは、昔、
子宮腺筋症が自然治癒した直後と
同じ現象!
(その時はひまし油パックを
 していたわけではなかったけれど)

体内のどこかで血の塊が
あったのが尿に溶けたのねぇ!
っていう感じでしょうか。

そしてこのところ
パンパンにむくんでいた
ふくらはぎもすっきりするし

お通じもいいし。

久々に試して
改めてひまし油パックの効果に
驚きました。

始めるまでは
多少めんどくさいと思いますが
試す価値あり!

肝臓のお疲れ、疾患だけでなくって
腎臓疾患にも
胆嚢の不調にも
腸や血液、
さらには神経系にも
ひいては感情面にも
健全さをもたらすのは
私も実感。

本当は3日続けて4日休む、
というサイクルをするのが
推奨されてるけど
色々調べると
調子悪い時はもう少し
続けてもよさそう。

私のカラダさんは
3日して1日休んで
また続けてもいいと出て来た。

とてもカラダが求めてる気がするので
しばらく続けてみます。

やったことない人、
お試しあれ。

詳しくは色々調べると
出て来ます。

実際にひまし油パックしたくて
わからないことがあったら
聞いてください。
若干の説明は可能です。

オイルは今までずっと
テンプルビューティフルのオイルを
使っていましたが、
今回、初めてHeritageのものを使ってみました。

ひまし油はねっとりしてて
どちらかというと硬いオイルですが
ねっとり具合がやや柔らかめで
使いやすい、という感想です。

母親に最近ひまし油してるよ、
と言うと、
飲んでるのかと思ったようです。

昔はひまし油を
薬的に飲んでたんですね…

でも最近の女子にはまつ毛が伸びる、
ということで注目されてるのね、
ひまし油。

時代変わると色々使い方も変わってきますが
ひまし油パックは時代経ても
変わらぬ良さがあるなと思います。

any comments? leave a message freely

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA