Home お客様の声 voices遠隔グループセッションご感想 神様は宇宙人 って昨日突然浮かんできた

神様は宇宙人 って昨日突然浮かんできた

DasWortgewand / Pixabay

8月は8/8のライオンズゲート前日である8/7、
そして8/22のアメリカ横断日蝕前日の8/21の2回をセットとして行いました。
まずは8/7のご感想からご紹介します。
2017/08/07の祝音のご参加者、
占い師Yさんからセッションいただいたメールです。


祝音ありがとうございました!
今回はいつも以上に個人的な感じ*で笑えました!
でもそれだけ同じ人がいるってことですね。

(*注:一斉に働きかけているグループセッションなのに
まるで個人的に受けたセッションのように
自分にフィットしてる度合いがいつもよりさらにあった!の意)

羽の付け根の修復は驚きですね!でもAWT
(アウェクニングタッチ・ワークショップ)で
肩甲骨の下あたりがびりびりくると言われたので
古い記憶でも残っていたのかもしれません。
首の後ろの装置を外したとありますが
私は喉がちくちく痛かったです。
AWTの一週間前に
Hさんにヒーリングしてもらったところが
右肋骨の下あたりでもしかして胆のう?とは
思ったものの肝臓だと思うと
Hさんには伝えたのですが
胆のうだったのかもしれないし、
その前に肝臓を整えておくのが必要
だったのかもしれません。
QT(クォンタムタッチ/アウェイクニングタッチ)と
連動していて面白いなと思いました。
喉がちくちくすると思ったくらいから意識が薄れて
30分たったくらいにTVがばちっと鳴って
急に起こされた感じで
そのときは上を向いていたのですが
それから横を向いたらすぐにまた寝てしまって
しかもとても深かったように思います。
起きたらなんと副鼻腔がつまっていて(笑)
私、副鼻腔が詰まりやすいのですが
ヒーリングの後、
何もないのに副鼻腔(鼻の奥)が詰まるような感覚が
ずっとではなく気が付いたらあります。
鼻で受け取る調整かなと
ケイコさんのレポートをみて思いました。
それにしても
まさかプレアデスが出てくるとは…
シリウスもですが…
自分とはあまり関係ないと思っていたので
不思議なもの で、ケイコさんのレポートを見ると
プレアデスかあと思ったりして、現金なものです(笑)
認めたくないのもあったかもしれません。
20代で働いていたとき、昴を必ず歌う医師がいて
昴がとても嫌いだったのですが。
でも天使ですもんね。
プレアデスね^^;
神様は宇宙人
って昨日突然浮かんできて
結局のところそうなのかもしれないなって思いました

自分の系列のところに行っているというか…
プレアデスといっても100%ではなく、
私の中のプレアデスが何%あって
それが反応するという感じだと思うのですけど。
ところで何か今日
「本気で」というところにスイッチが入ったみたい
です。
「本気の人に対して、本気で接する」
みたいな(笑)
この2週間
感情と原動力に注意してみます!
次が楽しみ
ありがとうございました!


Yさん、ご参加&シェアご快諾ありがとうございました。
人間のDNA自体には、
全員プレアデスのDNAがガッツリ入っているから
今回プレアデスがサポートにきてくれてたと思います☆
あと、シリウスも人間のDNAの貢献者。
みんなの血の中にシリウスの叡智が流れてますね。
ちなみに天使は多分アルクトゥルス系のほうが私はピンと来ます。
それから「神様は宇宙人」について。
はい、私の感覚では
人間が神様と呼んでる存在は当時
地球外からやってきた人たちのこと、と受け取っています。
当時の地球の存在からは
それはそれは「神」のように思えたでしょう。
でも、彼らは決して「神」(根源の創造主)ではない。
完璧でもない。結構ある意味人間的(^^;;
なので私はあまり一般に使われる「神様」
という言葉を崇拝の対処として使うのは
語弊があるので好きではないですね。
八百万の神々、という時には
本来はもう少し根源に近い、自然界の意識、
を意味していますね。
でもやっぱり宇宙の根源的な意識のことを
さす際には、そのまま根源意識と言ったり
Creator、創造主、SOURCE 源、という言葉のほうが
しっくりくる感じです。


普段あまりギャラクティック系のこと
オープンには書いてないですが
ちょっとだけ解禁(^^;;(笑)。
なんせ、2017年は今まで以上に
ギャラクティックな記憶をリアルに持つ若い人たちも
結構セッションに来られたりして、
ああ、そんな時代になったなぁなんて感慨深いです(笑)
*pukalani*は実は Galactic Tuneup Stationですから。

[

Leave a Comment

Related Posts

隠れ家音叉ヒーリングサロン*pukalani*